結婚相談所の3ヶ月ルールとは?どういう意味があるの?

結婚 婚活コラム

結婚相談所には「お見合いから3ヶ月以内に相手と結婚する意思があるかどうかを明確にしなければならない」という3ヶ月ルールがあります。

全く知らない状態からスタートして3ヶ月以内にそんな大きな決断ができるのかと、不安になるかもしれません。

しかし、3カ月ルールを正しく理解し、向き合えば幸せな結婚へ近道となるでしょう。

多くの結婚相談所に共通する3ヶ月ルールとは?

不安

多くの結婚相談所には3ヶ月ルールというものが定められています。

これは簡単に説明をすると「お見合いをしてから3ヶ月以内に相手と結婚を前提とした交際をするか否かの判断をしなければならない」というものです。

遠距離や超多忙などの特殊な例を除いて、交際がスタートして3ヶ月以上経ったら「もう少し様子を見てから判断を……」というのは許されません。

3ヶ月を過ぎて、結婚を前提とした交際にステップアップしない場合は、交際自体が解消します。

結婚前提の関係になるか、ならないかのどちらかのみです。

 

お見合いから結婚を決めるまでの流れ

結婚年収

結婚相談所で婚活をした場合、お見合いから結婚を決めるまでの流れを紹介します。

3ヶ月ルールはどの地点からカウントが始まり、何をするのでしょうか?

1.お見合いを申し込む

異性会員のプロフィールを見て、気になる人へお見合いを申し込みます。

逆に、お見合いを申し込まれることもあるでしょう。

双方が会ってみたいと思ったのならば、仲人を通してその旨を伝え、日時や場所などを決めます。

 

2.お見合いから交際へ

お見合いをしたあと、また会いたいかどうか仲人を通して相手に伝えます。

双方が「また会いたい」となったら仲人を通じて連絡先の交換をし、そこから先は当人同士で話しを進めます。

結婚相談所ではこれを「交際」「仮交際」と呼ぶことが多いです。

仮交際の時点ではほかの異性とお見合いをしたり同時進行をしたりすることが認められています。

まだ「お試し期間」の意味合いが強く、結婚を前提とした関係ではありません。

 

3.真剣交際の意思を確認

真剣交際とは「本気で結婚を前提としたお付き合いをする」ことです。

真剣交際は他の人との同時進行が認められておらず、1人だけに決めなければなりません(違反した場合はペナルティを儲けられていることが多いです)。

仮交際から真剣交際にステップアップするかどうかを決める、このタイミングが3ヶ月ルールです!

仮交際がスタートしたら3か月以内にこの判断をしなければなりません。

真剣交際が決定したら新たにお見合いをしてはいけないのはもちろん、他の仮交際をしていた人、全てと仮交際終了をする必要があります。

真剣交際になる場合は、当人同士だけで意思確認をして決定するのではなく、結婚相談所に報告しなければなりません。

結婚相談所に報告をしない場合は結婚相談所の方から意思確認の連絡があります。

 

4.プロポーズして婚約

真剣交際でお互いの結婚の意思と相性を確認し合ったらプロポーズです。

女性は「男性からプロポーズして欲しい」と望んでいることが多いので、男性は結婚の意思が固まったら結婚相談所にタイミングや方法などを相談すると良いでしょう。

2人の記念に残るプロポーズのアドバイスがもらえます。

真剣交際からプロポーズまでの期間を定めていない場合もありますが、あまり長引かせないのがマナーです。

 

5.結婚へ

婚約が成立したら晴れて結婚です!

結婚相談所は「真剣交際の成立」「婚約」「家族の顔合わせが済んだ」などのタイミングで「成婚退会」になります。

 

3ヶ月ルールがある本当の目的とは?

結婚相談所

人生における重要な決断である「結婚を前提にした真剣交際」をするかどうかを出会ってたった3ヶ月で決断しなければならない、と言うのは少し乱暴に感じる人もいるかもしれません。

しかし3ヶ月ルールは婚活をスムーズに進めるため、真摯で誠実な気持ちで向き合うため、そして結婚を後押しするためにとても重要なシステムなのです。

 

婚活は恋愛とは違うからこそ3ヶ月でも決断可能

婚活は文字通り結婚相手を探すためのものです。

恋愛からの結婚の場合は「この人は恋人募集中なのだろうか?どんな人がタイプなのかな?」からスタートしなければなりません。

そして交際をスタートしても結婚の意思の有無や年収などのデリケートなことは、かなり時間をかけて信頼関係を築かないと聞きにくいものです。

しかし結婚相談所での婚活は違います。

最初から結婚を望んでいる相手としか出会わない上、結婚に置いて重要なこと(家族構成、年収、相手に求めるもの、結婚観など)はプロフィールを見れば一目瞭然です。

お互いがプロフィールを見て、必要な情報を得てから会うので相性確認が非常にスムーズにできます。

 

誠実な気持ちで交際ができる

期限が決められていないと結婚をする気があるかどうか確認できないまま、ズルズルと中途半端な付き合いになってしまうこともあります。

ダメならばダメとハッキリ言ってもらえれば次の出会いの為にアクションすることができます。

無責任な人に貴重な時間を浪費されることなく、また自分自身も誠意をもって相手に接するために、3ヶ月というのは1つの区切りになるのです。

3ヶ月という期限があるからこそ、「この人を知ろう」「自分のことを知って欲しい」という気持ちが積極的に湧いてもきます。

3ヶ月ルールがないマッチングアプリや婚活パーティーなどで婚活をし、交際をはじめた場合は注意をしなければなりません。

何年もズルズルと交際が続いたあげく、結婚に行きつかず年齢だけ重ねてしまったという人がかなりいます。

 

結婚へと気持ちを固めるのを後押しする

「この人と結婚をしよう」という決断はとても勇気がいります。

交際が成立していることで満足してしまったり、何か不安要素があったりすると、不誠実な気持ちからでは無くても「もう少しこのままでいいか」「もう少し時間をかけて」などと考えてしまいやすいものです。

そして、そのまま結婚への熱意を失ってしまったり、片方が痺れを切らして去っていってしまったりすることもよくあります。

3ヶ月ルールは「次のステップに進む」か「ゼロになるか」の二択で、「このままの状態」というフワフワした関係を許しません。

この厳しさは婚活に置いて、優しさでもあります。

期限を区切ることで心が定まり、結婚の後押しとなるのです。

 

まとめ

結婚相談所 モテない

結婚相談所を利用して婚活をしようとする場合、「3ヶ月ルール」に衝撃を受ける人は少なくありません。

それまで全く面識が無かった人と3ヶ月で結婚を前提とした交際をするかどうかを決断しなければならないなんて無理がある!という気持ちを持つこともあるでしょう。

しかし、婚活での結婚は普通の恋愛とは歩む過程が違います。

お互いに結婚したいと望んでいて、プロフィールを見てから出会う婚活は、デリケートな情報の探り合いが不要です。

また「3ヶ月で決断を下さなければならない」というルールがあるからこそ、誠実に向き合うことができ、ダラダラと中途半端な関係に振り回されることも避けられます。

結婚は重大な決断だからこそ、期限を区切ることで気持ちを決める後押しにもなるのです。

婚活では年齢がとても重要になります。

年を取ればとる程不利になりやすいので時間は非常に貴重です。

長く在籍していればその分、料金もかさんでしまいます。

3ヶ月ルールは貴重な時間とお金を無駄にせず、婚活をスムーズに進めるためにとても重要なものなのです。

 

各都道府県別の結婚相談所
北海道・東北
関東地方
東海地方
甲信越・北陸
近畿地方
中国・四国
九州・沖縄

コメント