結婚相談所の婚前交渉は禁止?!破るとどうなるの?

結婚 婚活コラム

結婚相談所には、結婚したい男女が入会しています。

スタッフやカウンセラーの手助けと、詳細なデータによって好みや理想のお相手と効率よく出会うことができます。

いざ、条件がピッタリの異性の紹介を受けてお見合いをし、交際することになったものの…。

ここの段階で一つの疑問がわいてきます。

その疑問とは、「結婚相談所のルールで婚前交渉は禁止なのか?」ということです。

婚前交渉が禁止の場合、破ったらどうなってしまうのでしょう?

詳しく見ていきましょう。

結婚相談所の婚前交渉はどこも禁止なの?

結婚相談所に入会してしまうと、交際期間に婚前交渉を行うことは絶対に禁止されているのでしょうか。

実は、この婚前交渉の有無は結婚相談所によって制限が違います。

全面的に禁止しているところもあれば、「本人たちの意思に任せる」といった柔軟なところまでさまざまです。

入会の際に禁止事項の中に婚前交渉について明記している結婚相談所もあれば、お付き合いの段階になってスタッフに確認しないとわからないところもあります。

全ての結婚相談所が該当するとは限りませんが、大まかな区別としまして「大手の結婚相談所は婚前交渉に寛容である」「個人で行っている結婚相談所ほど婚前交渉を禁止している」と言われています。

とはいえ、こちらはあくまでも目安であることをとどめておいてください。

結婚相談所によっては、ルール違反をした場合に厳しい罰則を定めているところもあります。

婚前交渉とみなされる行為とは?

そもそも、婚前交渉とはなんなのでしょうか。

一般的には、正式な夫婦となる前に性交渉を持つこととされています。

少し前までは当たり前のことでしたが、男女交際がカジュアルなものとなった今では、ドラマでもマンガの中でも結婚前に性交渉を持つことは当たり前のように描かれています。

そのため、ある程度の期間お付き合いをしたら結婚前に性交渉を持つことは当たり前…と考えているカップルが多くなりました。

結婚相談所で婚前交渉が禁止されているなら、見つからなければいい…とも考えていませんか。

結婚相談所によっては、単に性交渉だけを婚前交渉とはしないところもあります。

例をあげてみますと、「6カ月以上の交際」「外泊」「宿泊を伴う旅行」「同棲」…これらを婚前交渉とみなしている結婚相談所もありますので注意してください。

入会している結婚相談所の規定を確認するとともに、交際の中で少しでも疑問点がでてきましたらスタッフに相談していきましょう。

婚前交渉が禁止な結婚相談所で破ってしまうとどうなる?

婚前交渉が禁止な結婚相談所で、ルールを破ってしまうとどうなるのでしょうか。

基本的には、結婚が成立した「成婚」とみなされて定められた成婚料を支払って退会することとなります。

本当に相手との結婚を決断したのであれば問題ありませんが、「まだ決まっていない!」場合には大問題ですよね。

さらに、退会の際に支払わなければならない成婚料は何十万単位であるところがほとんどですから、決してやすい金額ではありません。

また、結婚相談所によっては退会とまではいかなくとも、成婚料と同等の罰金を定めているところもあります。

結婚相談所によっては、成婚料を定めていないところもあります。

成婚料がないということは、婚前交渉を行っても罰金はないのか…と思われるかもしれませんがそうではありません。

結婚相談所にもよりますが、ペナルティを課しているところもあります。

婚前交渉に対する罰金やペナルティは、どちらか一方であることは少ないようです。

「相手が迫ってきたから…」「断れなかった」との言い訳はあるかもしれません。

けれども、残念ながら結婚相談所に入会できる年齢は自分のことは自分で判断することができる成人となっています。

たとえ婚前交渉が禁止されている結婚相談所の交際で、相手に性交渉を求められたとしてもきっぱりとお断りしなければなりません。

相手に何度も求められたり、迷惑行為に発展してしまった場合では事が大きくなってしまっていることがほとんどです。

お付き合いは二人の関係によるものですが、結婚相談所に入会しているからこそ第三者であるスタッフのアドバイスを求めない手はありません。

一人で抱え込まずに、結婚相談所のシステムを利用しましょう。

婚前交渉を禁止にする理由とは?

先にも述べましたように、今や婚前交渉は珍しくありません。

むしろ、男女の交際においては当たり前という風潮になっています。

そんな世の中の流れに逆行するかのように、結婚相談所ではなぜ婚前交渉を禁止しているのでしょうか?

そこには結婚相談所側の明確な理由がありますので、以下に詳しく見ていきます。

1.トラブルを防ぐため!

男女の交際において、深い関係がときにトラブルの原因となることも少なくなくありません。

特に性交渉は、男女でその感じ方に差があるといわれています。

女性は、性交渉を持つことで相手に対する思いが強くなるのにたいして、男性は相手への思いが冷めてしまうとされています。

もちろん、個人差は大きくありますが性交渉を持ったことによって男女関係がうまくいかなくなったというケースはよくあることです。

交際期間はお互いのことを深く知る期間であるにも関わらず、婚前交渉を行ったことによって男性から別れを切り出され、女性側は納得できないから相手に強く理由などを迫ってしまう…というパターンになりかねません。

さらには、結婚前に性的関係を持ったとして女性側の両親が結婚相談所へ乗り込んできた…というトラブルも少なくありません。

深い関係となるのは、婚約後か正式に夫婦になってからでも遅くはないでしょう。

結婚相談所のルール上での問題でもありますが、二人の問題として交際期間によく話し合う事も大切です。

2.会員さんの質を保つため!

結婚相談所が婚前交渉を禁止しているもう一つの理由が、会員さんの質を保つためです。

交際が決まったとたんに、婚前交渉を持ってしまっては身体目的であると思われても仕方ありません。

結婚相談所の本来の目的は、真剣に結婚をしたいと望んでいる男女が利用する場です。

簡単に交際したり、性交渉を持つ場ではありません。

結婚相談所に入会することで、簡単に性交渉ができるとなれば結婚相談所にとって致命的な噂が立つことになります。

新規入会を考えている方は、婚前交渉に甘い結婚相談所となれば特に女性は警戒するのではないでしょうか。

結婚相談所では、会員さんが安心して婚活に打ち込むことのできる環境を第一としています。

結婚相談所に入会する目的は、素敵な人との結婚です。

質の良い出会いを増やすためには、会員さんの安心・安全が守られる必要があります。

 

まとめ

気の合う素敵な人と出会って、お付き合いすることになったら…こんなにも幸せなことはありませんよね。

二人で結婚について、あれこれ相談する時間も楽しいものです。

けれども、愛を深めるために婚前交渉は必ずしも必要ではないのではないでしょうか。

結婚相談所によっては婚前交渉を禁止し、厳しく罰しているところもあるほどです。

結婚相談所に入会した目的は、あくまでも素敵な結婚を目指すことにあります。

結婚のために、お互いが言葉でよく話し合うことこそが最優先であるべきです。

より深い愛情表現を求めることは、正式に夫婦になってからでも遅くはありません。

ぜひ、結婚相談所に入会したときの初心を忘れないで交際期間を充実したものとしてください。

コメント