結婚相談所の仕組みって?結婚相談所のタイプからお見合いの方法まで!

結婚を諦めた年齢 婚活コラム

婚活ブームにより、結婚相談所が注目を浴びています。

昔から結婚したい人たちが通う場所として認識されている結婚相談所ですが、その仕組みについては詳しく知っている人は少ないはず。
結婚相談所では、具体的にはどのようにしてお見合いが成立し、どんなタイプがあるんでしょうか?

この記事では、結婚相談所の仕組みについて見てみたいと思います。

結婚相談所の仕組みとは?

結婚相談所とは、結婚したい男女に結婚相手を紹介する場所。
各結婚相談所によって独自のノウハウがあり、入会した会員さんに満足してもらうためのサービスと出会いを提供しています。

結婚相談所の仕組みは各結婚相談所によってさまざま…というイメージがあるかもしれません。
けれども、実際には結婚相談所の仕組みにはパターンがあるのです。

結婚相談所のパターンは、3種類。
このパターンを知り、どれが自分に適した結婚相談所か知ることによって、婚活を成功へと導きことができるのです。

以下に、結婚相談所の3種類の仕組みについて解説します。

1.仲介型

結婚相談所の仕組みと聞いて、真っ先に思い浮かべるイメージがこの仲介型ではないでしょうか。

仲介型とは、その名の通り「仲人」と呼ばれる専門のスタッフがお相手探しからお見合い、さらには結婚の決定までを全てサポートしてくれる仕組みです。

「仲人」といっても、一昔前までご近所に一人はいたような「おせっかいおばさん」タイプではありません。

結婚相談所のスタッフは、カウンセラーとして数多くのカップルに関わってきたプロフェッショナル。
しかし個人が経営している結婚相談所ではご近所さんのような親しみやすい仲人が担当となる場合もあるでしょう。

自分で相手を見つける自信がない、あまり恋愛経験がないからデート用の服がわからない、相手と何を話したらいいのかわからない…そんな恋愛経験がほとんどない人は、仲人型の結婚相談所がお勧めです。

データマッチングよりも丁寧なサポートを受けることができる仲人型は、他の仕組みに比べて料金が高めに設定されている傾向にあります。
また、仲人さんとの打合せも多く行われるため、時間を多くとられてしまう場合もあります。

その分会員さんも結婚に本気で取り組んでいる人が多いという特徴があります。
あまり恋愛経験がなく今更どうしていいかわからない…という人であれば、仲人型の仕組みを持つ結婚相談所はおすすめです。

2.データマッチング型

データマッチング型は、会員がデータベースに自由にアクセスし、興味のもった人に自分でコンタクトをとってお見合いをする…という方法です。

それだとマッチングアプリとなにが違うの?と思われるかもしれませんが、結婚相談所に登録する際に独身証明書の提出は必須。
マッチングアプリよりも本気で婚活をしている人が多いのです。

またマッチングアプリとの違いはこの他にもリアルな場でのサポートがあること、が挙げられます。
データマッチング型の結婚相談所には、経験豊富なスタッフやカウンセラーがいます。

相手が自分にあうかどうかについて自分では判断できない場合や、デートの服装や内容などといった細やかな相談まで親身にのってくれます。

会員の質も結婚相談所への入会資格を満たしている人ですから、ある程度の水準を満たしている方ばかりです。
万が一トラブルがあった際にも、結婚相談所が責任を持って対応してくれるので安心して利用できます。

自分のペースで進めたい方には、このデータマッチング型がお勧めです。

3.インターネット型(オンライン結婚相談所)

インターネット型は、会員になると結婚相談所が持つ会員制のサイトへと招待され、サイト内で自分でお相手を見つけ出し、連絡を取り合ってお見合いをすること。

先に紹介したデータマッチング型と似ていますが、インターネット型の場合は完全にオンラインで完結します。
リアルな店舗に出向き、登録やスタッフにサポートしてもらうと言うことは必要ありません。
(※データマッチング型は基本的に店舗でのサポートが中心)

料金的にも、店舗を持たないため、他の仕組みに比べて安い設定になっている場合が多く、申込みもネットで完結してしまうので入会しやすいというメリットがあります。

婚活に興味はあるけれど、婚活のためにとれる時間が不定期という人にお勧めの仕組もみではないでしょうか。

3タイプの特徴比較

3タイプの結婚相談所の仕組みを紹介しましたが、どの仕組みも現在の結婚相談所ではメジャーとなっている仕組みです。

はっきりと区別されているとろもあれば、2つの仕組みを入会後に選ぶことができる場合や、2つの仕組みのいいところを採用している結婚相談所もあります。
どの仕組みの結婚相談所が良いとか、成婚率が高いということは一口で決めることはできません。

3タイプの仕組みの特徴を比較してみます。

まず会員数でいえばデータマッチング型とインターネット型が比較的多くの会員さんを抱えています。
スマートフォンの普及によりいつでもどこでも婚活できるという気軽さが入会のハードルを下げているのかもしれません。

ただし、データマッチング型とインターネット型では基本的には会員さんが自ら出会いを求めて行動することになります。
メールやメッセージでやり取りをし、実際に会う場所をセッティングしなければなりません。

お相手のデータを見て、自分で納得のいく相手を探したいという人には向いているサービスでしょう。

反対に、仲介型では結婚相談所の仲人さんと呼ばれるスタッフやカウンセラーが出会いからお見合い、結婚までのフォローをしっかりと行ってくれます。

自分ではいいと思ったお相手のことを客観的に判断してくれますし、お見合いや交際期間に出てきたお相手との問題についても親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

婚活というと一人で行動しなければならないというイメージかもしれません。
けれども、仲介型の結婚相談所では仲人さんとともに二人三脚で結婚までの道のりを目指すことができます。

3タイプの仕組みには、それぞれ長所もあれば短所もあります。
ご自分のライフスタイルや性格に合わせて、ピッタリな結婚相談所を見つけましょう。

結婚相談所に入会した後のお見合いの流れ

結婚相談所の3つのタイプの仕組みを理解し、ご自身に合う結婚相談所への入会を決心したら、入会した後はどのような流れとなるのでしょうか。

どの結婚相談所のタイプでも共通する入会した後の流れについてみてみましょう。

入会の際に作成した、会員さんのデータをもとに他の会員さんから希望に合っていると思われる会員さんを紹介されます。

次に、紹介された中からでもいいですし、自分で検索して気になる人がいたらお見合いの申請をします。

お互いの都合がついたらお見合いが成立し、実際に会うこととなります。
お見合いを通して、また会いたいかお断りするのかを判断することとなります。

また会いたいとなれば仮交際へと進みますし、お断りとなった場合にはまた会員さんの中からお相手を探すこととなります。

お互いの人となりを知るための仮交際の期間を経て、今度は結婚のことを真剣に考える本交際の期間へと入ることになります。

なお、仮交際と本交際の名称や期間は結婚相談所ごとに異なります。
期間の目安としましては、3か月から半年の期間であることが多いようです。

以上が結婚相談所に入会した後の流れとして一般的なものとなります。

通常の恋愛に比べると、スケジュールが決まっているように感じられるかもしれません。

しかし、スケジュールがあるからこその安心感もありますし、付き合っても結婚が見えない…という不安は少ないのではないでしょうか。

 

まとめ

結婚相談所の仕組みについて詳しく見てきました。

結婚相談所には3タイプの仕組みがありますが、どれがいい仕組みであるとは単純に決めることはできません。

婚活にかけることのできる時間や料金、仲人さんにマンツーマンでアドバイスして欲しいか、など個人のライフスタイルや好みに大きく関わってくるからです。

結婚相談所とひとくちにいっても、それぞれに仕組みが違うことで入会前に自分に合った結婚相談所を見極める必要があります。

利用しやすい結婚相談所であれば、必ず結婚への近道となってくれるでしょう。

コメント